薄毛治療をして頭皮改善をする【健康ヘアサイクル】

髪の退化を防ぐ

薄毛

AGA治療薬としては、プロペシアの服用で治療をしていきます。このプロペシアの効果ですが、抜け毛の進行を抑えることができます。そもそもAGAのおもな原因は男性ホルモンや遺伝によるものです。男性ホルモンは分泌されると毛根を萎縮させる成分が生成されるのです。そのため髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまう、髪の毛の成長サイクル周期を短くさせてしまうのです。男性ホルモンの分泌を抑制できれば、必然的に抜け毛の進行が抑えられる仕組みになるのです。入手するには皮膚科や頭髪専門のクリニックで入手できます。約8000円程度が相場となっています。専門クリニックの場合は、処方されるのはこれだけでないので3万円前後かかります。

プロペシアは、病院にいかなくてもネットの輸入通販業者を利用すれば簡単に安価で入手ができます。しかし、医師の診断を受けないで服用しますのでリスクも高いえます。当然、副作用のリスクもあります。プロペシアの副作用は、体毛が濃くなったり性欲減退するなどといった副作用も報告されています。また、使用開始から1ヶ月程度で抜け毛が大量に増えてしまう副作用もあります。すべての方ではないですが、正常に薬が効いている証拠でもあります。副作用でからだに支障をきたす場合には、すぐにでも医師の診察を受けることです。今は薄毛でなくても、遺伝子検査をすることで将来薄毛になるかは分かります。薄毛になってから治療をするのではなく今あるうちに服用しておくことで維持ができます。

Copyright (c) 2015 薄毛治療をして頭皮改善をする【健康ヘアサイクル】 All rights reserved.